Ekaki-tsuma Junk『病気あれこれ:その2』

甲状腺疾患の専門病院『隈病院』・・阪急神戸線の花隈から徒歩2分ほど。道路を挟んで90台入る立体駐車場がある。
e0322033_7501664.jpg
まず受付で病院と受診についての説明を受け首から「ナビット」と呼ばれる機器をぶら下げる。ナビットとは「当日の診察スケジュールと呼び出し機能がついている行き先表示板」。順番がまわってくると「ブーブー」と鳴って振動し、ナビットを見れば「〇〇に移動してください」「診察まであと3名です」とか知らせてくれる。外出すると機能しないのであくまで院内のみの使用だ。
e0322033_7533561.jpg
この「隈病院」、もらったパンフレットに「近所のお店情報」があり、旅館ホテルからコンビニまで地図にして紹介されている。それほど全国から患者が押し寄せているようで、最初出かけた時には待合所の患者数にじぇじぇじぇと驚き、まる1日待つことになるんでは?とゾッとした。

診察までの流れ → 「受付」「問診票記入」「ナビット持ち移動」「看護師による予診(これまでの薬・別病院での検査結果など)」「大きな待合室に移動」「中待合室に移動」「診察」

結局、思いのほか診察までは早かった。1時間半くらい。薬が出なかったので会計をし終了まで初診で2時間ほどだったかと。出向く前日に隈病院HPから問診票を印刷し記入して出かけたので受付後の時間が短縮できたと思う。

再診だと、予約が取れるので待つ時間はもっと短縮される。今回は初診から次回の再診まで2ヶ月空いたので病院のHPから予約を取った。感心したのは、予約の前日にメールでお知らせが来たこと。
e0322033_8432571.jpg
ナビット以外でも上のような「本日の診療スケジュール表」でその日の自分の診療概要が分かる。再診時には検査が入っていたので、受診の1時間前にその検査を済ませておくと、同日に結果を交えて担当医から説明を受けることができる。これは遠距離をやってくる患者にはありがたい。隈病院ではこれを「ワンストップサービス」と呼んでいる。

<さて・・この続きはこちらでどうぞ
[PR]
by ekaki-tsuma | 2013-08-10 08:01 | ekaki-tsumaジャンク


nabe収集熱も冷め、人生終盤に向かい何をすべきなのか探求する日々。


by ekaki-tsuma

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
Kyoto-Quest
ekaki-tsumaジャンク
movieQuest
FoodQuest
wankoQuest
ナチュラル・ジャンク
老人クライシス
未分類

以前の記事

2015年 05月
2015年 01月
2013年 08月
more...

フォロー中のブログ

わたしつくるひと
NabeQuest(na...
daily-sumus
日常と夢の記憶
チョビりくに癒される毎日・・・
里山ガーデン
緑と食卓
koron007
シアワセの種*
Madame100gの不...
パリでいただきます
A Taste of T...
daily-sumus2

メモ帳

記事ランキング

検索

ブログジャンル

料理・レシピ
旅行・お出かけ

その他のジャンル