<   2015年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『2年間の終末医療における考え方の<差>・・その3』

タイトルにある「2年間の終末医療における考え方の<差>」というのは、実母が逝った時から義母が逝くまでの2年間に何がどう変わったかということだ。介護施設側では「食べられなくなれば胃瘻(でなきゃ滞在無理よ)」という考えなどあまり変化はなかったように思えるが、医療サイドと家族側の考え方や気持ちの変化は確かにあったと思う。

すでに2年前の実母の時にN赤の担当医たちは(内科&外科)、胃瘻はあくまでも延命措置の一環で決してお勧めできるものではないと語っていたし、その2年後の義母の担当医は「自然な成り行きにまかせたい」という息子の気持ちを汲み取ろうとしていた。事実、医師らに行なった自分自身の延命についてのアンケートでは延命措置不用論が圧倒的であった。言ってみればそれは終末医療に関わっている現場を知る人たちの考えであり、それが介護現場になったとたん180度の意見となるのはなぜなのだろう。

こういうことなのか? → 介護の現場は人手不足が蔓延している → 胃瘻など経管栄養だと入所者に食事させる手間が省ける(スプーンなどで食べさせる手間はない) → 経管栄養の入所者のほとんどは寝たきりになっているので介護が楽である 

つまりは、経管栄養の入所者は介護施設にとってウエルカムな高齢者となっている、ということ?まあ、経管栄養になると誤嚥肺炎などのリスクが高まり入退院を繰り返すから、それはそれで大変ではないかとは思う。

もう1つ理由があるとすれば、介護の世界に「死」を受け入れる体勢が整っていないからではないか。高齢者を対象としている割には、つまり常に「死」と隣り合わせにいる人たちを対象としている割には介護サイドに死を受け入れる度量がないように思える。はっきり言って「介護施設では死なせない」というような雰囲気を郷里の複数の介護施設では感じたと書いておきたい。(実際、危篤になったら介護施設からは救急車で病院に運ばれちゃうけど)
e0322033_10194418.jpg

[PR]
by ekaki-tsuma | 2015-05-05 10:22 | 老人クライシス


nabe収集熱も冷め、人生終盤に向かい何をすべきなのか探求する日々。


by ekaki-tsuma

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
Kyoto-Quest
ekaki-tsumaジャンク
movieQuest
FoodQuest
wankoQuest
ナチュラル・ジャンク
老人クライシス
未分類

以前の記事

2015年 05月
2015年 01月
2013年 08月
more...

フォロー中のブログ

わたしつくるひと
NabeQuest(na...
daily-sumus
日常と夢の記憶
チョビりくに癒される毎日・・・
里山ガーデン
緑と食卓
koron007
シアワセの種*
Madame100gの不...
パリでいただきます
A Taste of T...
daily-sumus2

メモ帳

記事ランキング

検索

ブログジャンル

料理・レシピ
旅行・お出かけ

その他のジャンル